ペーパークラフトの家

不動産管理ソフトの導入メリット

不動産管理ソフトを導入すれば、現状から先の予定、クレームまで一目瞭然です。近年では賃貸物件オーナーが年老いて管理できなくなり、賃貸管理は子供世代に丸投げというケースも珍しくありません。子供世代は忙しく、親が所有の賃貸管理に時間や労力を使うわけにはいきませんので、そんな時に不動産管理ソフトが役立ちます。
不動産管理ソフトは物件管理、賃貸契約管理、請求・収拾管理、工事管理、クレーム管理、PMレポートをベーシック機能として持っています。他には長期修繕計画、アセットマネジメント、ファシリティマネジメント等、多様な不動産管理に対応可能です。個々の機能だけでも便利ですが、これらをシステム上で一括管理できるのが不動産管理ソフト導入のメリットです。
工事やクレームは日々確実に管理する必要があり、物件使用者から質問された時に即、答えられなければなりません。不動産管理ソフトがあれば、担当者でなくても明確に状況が分かりますので、物件使用者にすぐに伝えることが出来ます。長期修繕計画においてはトータルで管理しているので、物件使用者が入れ替わっても計画への影響はごくわずかです。管理に手が回せず、所有物件を手放そうか考える前に、不動産管理ソフトを導入してみるのがおすすめです。

不動産管理ソフトを導入した方が良い理由

不動産業者であれば多種多様に渡る業務内容、少しでも効率化したいと思ったことはないでしょうか。そういった方々には、不動産管理ソフトがおすすめです。
賃貸管理と一言で言っても、契約情報の管理や、契約者の方々からのご指摘の対応、請求書対応や、工事に関わる管理など、業務内容は多岐にわたります。
また先に述べた、ベーシックな賃貸管理業務以外にも、長期修繕計画や、アセットマネジメント、ファシリティマネジメントといった、知識と経験が重要になる業務内容に関しても、不動産管理ソフトであれば対応が可能です。
仮にそういった業務内容を、人間の手で一つ一つこなそうとすると、どうしても手間と時間、コストがかかります。そこに携わってもらうスタッフが必要となり、人件費もかかります。その反面、不動産管理ソフトを導入すれば、業務の効率化はもちろん、人件費の削減、またスピーディな対応により、顧客満足度アップにもつなげられるのではないでしょうか。
またシステムを導入することで、そこに在勤するスタッフが、それぞれのタイミングに応じて、情報を共有することも可能になります。より効率的に賃貸管理業務を行うために、不動産管理ソフトを導入しましょう。

不動産管理ソフト導入で業務効率化を促せます

不動産管理ソフトを導入することによって、多岐に渡る不動産管理業務に効率よく対処できます。不動産管理業務には、賃貸物件の契約状況や賃貸料収支といった賃貸管理、クレームや修繕管理計画などが含まれ、これらの業務を不動産管理ソフトによって一元管理されます。
また、不動産管理ソフトをネットワークに接続させることで店舗の端末だけでなく、外出先でもパソコンやスマホがあれば手軽に情報を得られます。さらに賃貸管理業務を提携している業者との情報共有もしやすく、業務の円滑化を図ることができます。そして、近年ではアセットマネジメントやファシリティマネジメントにも対応し、より高度な情報も業者間で共有でき、すでに入居している賃貸管理から空きがある賃貸管理の状況まで把握でき、効果的な入居促進の広告やより質の高いアフターフォロー提供などが期待できます。
また、不動産管理ソフトの導入メリットは業務の効率を促すだけでなく、コストを抑えることができます。不動産管理ソフトの導入によって情報のすべてがデジタル上で記録され、業者間でのやり取りもオンライン上で行われるため、ペーパーレス化を進められます。さらに業務量の軽減によって残業なども時間外労働の短縮も期待でき、人件費を抑えることも可能になります。

マンションのミニチュア

物件に不動産管理システムを導入するメリット

アパートやマンション等の賃貸物件の取り扱いから、土地の売買契約迄等の幅広い不動産に関わる業務を行う不動産業界は、不動産管理ソフトを導入する事によって多くのメリットを見出す事が出来ます。そこで不動産管理ソフトを導入するメリットを確認しておきましょう。不動産管理ソフトの最大のメリットとしては、非常に多く持つ不動産物件情報を一元管理する事が可能となる事です。不動産物件情報の一元管理は、登録された物件情報を様々な形のレポートをして出力する事も可能である事から、物件探しを容易にする事が可能となり、お客にとっても大変理解しやすい資料を作成する事も可能になります。また契約者管理を容易にする事も可能になります。契約者管理の主な物としては、契約者の家賃の支払い状況を確認する事が出来る賃貸…

不動産管理ソフトは導入前に種類や特徴をよく理解することが大切

不動産管理業務を効率よく行えるいいソフトがないかと検討中なら、まずは自社用に使う物として何がいいか選択する前に、不動産管理ソフトの種類や特徴についておおまかにでも把握するように努めましょう。例えば、不動産管理ソフトのタイプとしては、大別してパッケージタイプ、自社業務に完全にマッチさせて新たに開発したソフト、そしてその中間に位置するものの三種類が利用可能です。パッケージ型はスピーディに導入できるメリットがありますが、自社業務と必ずしもうまくマッチしない内容で、使わない機能満載といったことも起こりがちです。また、完全カスタマイズ品は、使い易さは抜群でしょうが、新たにシステム開発するのにかかる時間とコストを正当化できるほどかというと、そこまでの価値はないかもしれません。一番便…

不動産管理システムを導入しよう

規模が比較的小さい不動産会社などでは、表計算ソフトを利用して不動産データを管理し、業務を行っているところもありますが、物件数が増えてくると管理しきれなくなり、業務の効率が悪くなります。不動産会社ではたくさんの不動産データを管理しなければならず、それに伴い様々な業務も行われています。特に大家に代わって物件の管理を行う賃貸管理では、家賃に関する経理業務、空き物件の入居者の募集、入居希望者への対応、更新手続きや退去の立会いなどたくさんのデータを管理する必要があります。そのような莫大な数のデータを管理し、効率的に不動産業務を行うためには、不動産管理ソフトを導入することがおすすめです。不動産管理ソフトを使うことにより、複雑で様々な種類があるデータや業務を一度に管理、処理することが…

賢く使って業務効率化を図りたいときに便利な不動産管理ソフト

多くのオフィス物件の賃貸管理を行っている不動産管理会社では、賃貸管理の対象になる物件数が多いだけでも業務量が多くなりがちです。加えて、業務手順がまちまちだったり、請求業務を処理するにも支払日が物件によって異なり、更に賃貸契約は、個々の契約によって更新時期等全て異なるため、業務管理は煩雑になる一方で効率化を図ろうにも、どこからどう手を付けたらいいのか分からないことが多いのです。一つの有効な対策として考えられるのが、不動産管理ソフトを導入することです。不動産管理ソフトも、ユーザーのニーズに応じる形で日進月歩していますので、最近は比較的リーズナブルな導入コストで済む機能的なソフトが増えてきました。従来のパッケージタイプの不動産管理ソフトは、一見便利に見えても、カスタマイズの柔軟性があ…